投資信託とは

TOP > 投資信託とは

投資信託とは~はじめに知っておきたいこと~

多くの投資家から集めたお金を一つにまとめて、運用の専門家が株式債券などで運用を行い、その運用成果を投資家の投資額に応じて還元する金融商品のことです。
運用成果については、市場環境や専門家の運用に巧拙により異なります。元本が保証される金融商品ではないことに留意する必要があります。

投資信託のしくみ~どんな人たちが投資信託に関わっているのか~

投資信託をつくる・運用する・・・委託者運用会社
運用(ファンド・マネージャー)、市場環境の調査・分析(アナリスト、エコノミスト)、新ファンドの企画、官公庁への届け出
投資信託を管理する・・・受託者信託銀行
信託財産の管理・計算
投資信託を売る・・・販売会社:銀行・証券・保険会社など
募集の取扱い(購入時や保有中の説明)・解約や買取の受付・分配金/償還金/解約金の支払い事務
そして主人公は・・・購入者:受益者
投資信託に投資している投資家のことを受益者といいます。

このページの先頭へ

新規登録
はじめての方
保有するファンドや気になるファンドを登録して自分だけのポートフォリオをつくってみましょう!
「投信まとなび」では投資信託のランキングを様々な角度からご紹介!