投資信託用語集

TOP > 用語集

や | |

用語集

初心者向け用語
中級者向け用語
上級者向け用語
有価証券

(ゆうかしょうけん)

金融商品取引法において、手形、小切手などの貨幣証券と、運送証券、倉庫証券などの物財証券と、株券、社債券などの資本証券の3つに分類される証券のことです。一般的に有価証券といった場合には、資本証券のことを指すことが多いです。

有価証券報告書

(ゆうかしょうけんほうこくしょ)

株式を公開している企業が金融商品取引法により作成を義務付けられている資料です。投資家の判断に資する情報として営業の概況、財務状態、経営成績などが記載されています。

有効フロンティア

(ゆうこうふろんてぃあ)

効率的フロンティアのことです。さまざまな資産を組み合わせる場合、その組み合わせパターンは無数にあります。効率的フロンティアとは、あるリスク水準で最大のリターンが得られる資産の組み合わせの集合のことをいいます。効率的フロンティア上のそれぞれの点は、あるリスク水準では最もリターンが高いという意味で「効率的」です。また見方を変えれば、あるリターン水準でリスクがもっとも低いという意味でも「効率的」といえます。

ユーロ市場

(ゆーろしじょう)

自国以外で取引される通貨の国際金融市場のことです。ユーロ市場の起源が欧州であることからこのような名前になっています。通貨のユーロとは関係はありません。

ユニバース

(ゆにばーす)

範囲、母集団の意味です。投資対象ユニバースといった場合は、投資対象とする範囲、の意味です。

弱気相場

(よわきそうば)

強気相場の反対で、市場参加者の大半が価格はこれからも下がりつづけるだろうと思っているときの相場です。

新規登録
はじめての方
保有するファンドや気になるファンドを登録して自分だけのポートフォリオをつくってみましょう!
「投信まとなび」では投資信託のランキングを様々な角度からご紹介!