新設ファンド情報

TOP > ファンド情報 > 新設ファンド情報
投資信託名称 日本株主還元株ファンド・ヘッジ型
運用会社 三井住友アセットマネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として日本の取引所に上場している株式に投資する。株主還元を高水準に維持できる企業に加え、今後さらなる水準の向上が期待できる企業の株式に投資する。また、株価指数先物の売建てを活用し、株式市場と連動する価格変動リスクの抑制を目指す。ハイ・ウォーターマーク方式による成功報酬あり。

イボットソンファンド分類 オルタナティブ・ロングショート型
当初設定日 2018-11-08
信託報酬 0.74%
販売会社名 東海東京証券
投資信託名称 ニッセイ宇宙関連グローバル株式ファンド(年2回決算型・為替ヘッジあり)
運用会社 ニッセイアセットマネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として日本を含む世界各国の宇宙関連企業の株式に投資する。当ファンドにおける宇宙関連企業には、ロケットや人工衛星の製造・打上げ・運用等に関する事業を展開する企業、衛星データ等を活用して事業を展開する企業等が含まれる。「ニッセイ宇宙関連グローバル株式ファンド(年2回決算型)」を構成する各ファンド間でスイッチングが可能。原則、為替ヘッジあり。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型(円ヘッジ)
当初設定日 2018-11-02
信託報酬 1.72%
販売会社名 エース証券;しん証券さかもと;三津井証券;三木証券
投資信託名称 ニッセイ宇宙関連グローバル株式ファンド(年2回決算型・為替ヘッジなし)
運用会社 ニッセイアセットマネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として日本を含む世界各国の宇宙関連企業の株式に投資する。当ファンドにおける宇宙関連企業には、ロケットや人工衛星の製造・打上げ・運用等に関する事業を展開する企業、衛星データ等を活用して事業を展開する企業等が含まれる。「ニッセイ宇宙関連グローバル株式ファンド(年2回決算型)」を構成する各ファンド間でスイッチングが可能。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型
当初設定日 2018-11-02
信託報酬 1.72%
販売会社名 エース証券;しん証券さかもと;三津井証券;三木証券
投資信託名称 ニッセイ宇宙関連グローバル株式ファンド(資産成長型・為替ヘッジあり)
運用会社 ニッセイアセットマネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として日本を含む世界各国の宇宙関連企業の株式に投資する。当ファンドにおける宇宙関連企業には、ロケットや人工衛星の製造・打上げ・運用等に関する事業を展開する企業、衛星データ等を活用して事業を展開する企業等が含まれる。「ニッセイ宇宙関連グローバル株式ファンド(資産成長型)」を構成する各ファンド間でスイッチングが可能。原則、為替ヘッジあり。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型(円ヘッジ)
当初設定日 2018-11-02
信託報酬 1.72%
販売会社名 エース証券;極東証券;しん証券さかもと;三津井証券;三木証券
投資信託名称 ニッセイ宇宙関連グローバル株式ファンド(資産成長型・為替ヘッジなし)
運用会社 ニッセイアセットマネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として日本を含む世界各国の宇宙関連企業の株式に投資する。当ファンドにおける宇宙関連企業には、ロケットや人工衛星の製造・打上げ・運用等に関する事業を展開する企業、衛星データ等を活用して事業を展開する企業等が含まれる。「ニッセイ宇宙関連グローバル株式ファンド(資産成長型)」を構成する各ファンド間でスイッチングが可能。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型
当初設定日 2018-11-02
信託報酬 1.72%
販売会社名 エース証券;極東証券;しん証券さかもと;三津井証券;三木証券
投資信託名称 ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-10
運用会社 アセットマネジメントOne
運用方針

主として、ゴールドマン・サックスが発行する円建債券(ゴールドマン・サックス社債)に投資し、満期償還時のファンドの償還価額について元本確保を目指す。委託会社が独自に開発した計量モデルに基づく国際分散投資戦略の収益により決定されるゴールドマン・サックス社債の利金(固定クーポンに実績連動クーポンを加えて算出)を獲得することを目指す。信託報酬のほか、ゴールドマン・サックス社債の実績連動クーポンに対して成功報酬が徴収される。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 オルタナティブ・マルチストラテジー型
当初設定日 2018-10-31
信託報酬 0.35%
販売会社名 大和証券;いちよし証券;マネックス証券;楽天証券;水戸証券;東洋証券;りそな銀行;近畿大阪銀行;第一生命保険
投資信託名称 スパークス・新・国際優良日本アジア株ファンド
運用会社 スパークス・アセット・マネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として日本とアジアの株式に投資する。運用に当たっては当ファンドの参考指数である「MSCI AC Asia Index(円ベース)」の採用国および地域の株式を中心に投資するが、参考指数への追従を意図した運用は行なわない。成長著しいアジア市場で強固なビジネスモデルを持ち、品質の向上とブランド認知により今後グローバルで高いシェアを獲得する可能性の高い企業(新・国際優良企業)を中心に投資する。独自の調査活動を通じて銘柄を厳選し、原則として短期的な売買は行なわず、長期保有することを基本とする。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・新興国型・アジア
当初設定日 2018-10-31
信託報酬 1.84%
販売会社名 水戸証券
投資信託名称 あおぞら・新グローバル分散ファンド(限定追加型)2018-10
運用会社 あおぞら投信
運用方針

複数の投資対象ファンドを通じて、主として日本を含む世界の株式(新興国の株式を含む)および債券に分散投資するファンド・オブ・ファンズ。運用にあたっては、株式の組入比率を計画的に段階的に引き上げることで、買付時期の分散を図る。基準価額が11500円以上となった場合は、安定的な債券運用に切り替える。2018年12月27日まで購入が可能。原則、先進国債券への投資にあたっては為替ヘッジあり、株式への投資にあたっては為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 アロケーション・安定型
当初設定日 2018-10-31
信託報酬 1.00%
販売会社名 富山第一銀行;富山銀行;あおぞら銀行
投資信託名称 イーストスプリング新興国スタープレイヤーズ
運用会社 イーストスプリング・インベストメンツ
運用方針

マザーファンドを通じて、主として新興国の株式に投資する。当ファンドにおける新興国の株式とは、新興国の企業または新興国において主たる事業を展開する企業を指す。銘柄選定にあたっては、「投下資本利益率」、「業界内での競争優位性」、「株価の上昇余地」、「ESG(環境・社会・ガバナンス)理念」に着目する。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・新興国型(複数国/地域)
当初設定日 2018-10-26
信託報酬 1.80%
販売会社名 エイチ・エス証券;ちばぎん証券
投資信託名称 中国株 AI運用ファンド
運用会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
運用方針

投資対象ファンドを通じて、主として上海・深セン証券取引所に上場されている人民元建て株式(中国A株)等に投資するファンド・オブ・ファンズ。主要投資対象ファンドの副投資顧問会社が独自に開発したAI(人工知能)モデルを活用した運用を行なう。AIモデルでは、過去の株価のボラティリティや出来高等のデータを用いたパターン分析を行ない、上場が予想される銘柄を選定する。また、市場のボラティリティについても独自に推定し、ポートフォリオ全体のボラティリティを抑制するために、株式の組入れ比率を0~100%の範囲で機動的に調整する。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・中国圏型
当初設定日 2018-10-26
信託報酬 0.98%
販売会社名 東洋証券;むさし証券

最初のページへ前のページへ [1][2][3] 次のページへ最後のページへ

このページの先頭へ

新規登録
はじめての方
保有するファンドや気になるファンドを登録して自分だけのポートフォリオをつくってみましょう!
「投信まとなび」では投資信託のランキングを様々な角度からご紹介!