新設ファンド情報

TOP > ファンド情報 > 新設ファンド情報
投資信託名称 ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-12
運用会社 アセットマネジメントOne
運用方針

主として、ゴールドマン・サックスが発行する円建債券(ゴールドマン・サックス社債)に投資し、満期償還時のファンドの償還価額について元本確保を目指す。委託会社が独自に開発した計量モデルに基づく国際分散投資戦略の収益により決定されるゴールドマン・サックス社債の利金(固定クーポンに実績連動クーポンを加えて算出)を獲得することを目指す。信託報酬のほか、ゴールドマン・サックス社債の実績連動クーポンに対して成功報酬が徴収される。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 オルタナティブ・マルチストラテジー型
当初設定日 2018-12-27
信託報酬 0.35%
販売会社名 大和証券;いちよし証券;マネックス証券;ワイエム証券;楽天証券;三菱UFJモルガン・スタンレー証券;上光証券;第四証券;水戸証券;東洋証券;むさし証券;みずほ銀行;東京スター銀行;紀陽銀行;宮崎銀行;京都銀行;七十七銀行;八十二銀行;十六銀行;武蔵野銀行;富山第一銀行;池田泉州銀行;南都銀行;北洋銀行;大光銀行;百十四銀行;北日本銀行;第一生命保険;おきぎん証券;朝日信用金庫;西日本シティTT証券;ごうぎん証券;とうほう証券;ぐんぎん証券;七十七証券
投資信託名称 スパークス・韓国株ファンド
運用会社 スパークス・アセット・マネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として韓国の株式に投資する。「KOSPI(韓国総合株価指数)(円ベース)」を参考指数とする。ボトムアップ・リサーチによる個別銘柄調査に基づき、企業のビジネスの質や市場の成長性、経営に着目して、将来にわたるキャッシュフローから企業価値を推定し、この価値よりも株価が割安に放置されていると考えられる銘柄に厳選投資する。原則として短期的な売買は行なわず、長期保有することを基本とする。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・新興国型・アジア
当初設定日 2018-12-21
信託報酬 1.64%
販売会社名 東海東京証券
投資信託名称 iTrustセキュリティ
運用会社 ピクテ投信投資顧問
運用方針

マザーファンドを通じて、主として世界のセキュリティ関連企業の株式に投資する。当ファンドにおけるセキュリティ関連企業とは、「暮らしの安心」「移動の安心」「情報の安心」といった、日常生活に欠かせない「安心」へのニーズに応える製品やサービスを提供する企業を指す。武器・軍事関連、原子力関連の製品・開発・検査・メンテナンス事業が売上高の5%以上を占める企業には投資しない。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型
当初設定日 2018-12-21
信託報酬 1.33%
販売会社名 マネックス証券;楽天証券;SBI証券
投資信託名称 DCニッセイ新興国株式インデックス
運用会社 ニッセイアセットマネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として新興国の株式に投資し、「MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み、円換算ベース)」の動きに連動する投資成果を目指す。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・新興国型(複数国/地域)
当初設定日 2018-12-19
信託報酬 0.29%
販売会社名 日本生命保険
投資信託名称 DCニッセイ先進国リートインデックス
運用会社 ニッセイアセットマネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として日本を除く先進国のリートに投資し、「S&P先進国REITインデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)」の動きに連動する投資成果を目指す。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国REIT・世界型
当初設定日 2018-12-19
信託報酬 0.27%
販売会社名 日本生命保険
投資信託名称 日本株式ESG資産形成ファンド
運用会社 ニッセイアセットマネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として日本企業の株式に投資し、「TOPIX(東証株価指数)(配当込み)」を上回る投資成果の獲得を目指す。ESGに対する取組みに優れ、株価上昇が期待される銘柄を選定する。

イボットソンファンド分類 国内株式・大型ブレンド型
当初設定日 2018-12-19
信託報酬 1.33%
販売会社名 日本生命保険
投資信託名称 DCニッセイマーケットフォローバランス
運用会社 ニッセイアセットマネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、国内外の株価指数先物取引・債券先物取引等を活用しつつ、主として5つの資産クラス(国内債券、国内株式、為替ヘッジ付き外国債券、外国株式および短期金融資産)に投資する。ターゲットリスク(目標とする標準偏差)を年率3%とすることでリターンの変動を抑制しつつ、国内外の株式・債券市場のトレンドをとらえて収益の獲得を目指す。ニッセイ基礎研究所が算出する「ターゲットリスク型資産分散モデル指数」の動きに連動する投資成果を目指す。組入外貨建資産のうち、外国債券部分に対して為替ヘッジあり。

イボットソンファンド分類 アロケーション・リスクコントロール型
当初設定日 2018-12-19
信託報酬 0.55%
販売会社名 日本生命保険
投資信託名称 モルガン・スタンレー社債/マルチアセット運用戦略ファンド2018-12
運用会社 T&Dアセットマネジメント
運用方針

主として、モルガン・スタンレー・ファイナンス・エルエルシーが発行し、モルガン・スタンレーにより保証される円建債券(モルガン・スタンレー社債)に投資し、償還価額について元本確保を目指す。モルガン・スタンレー社債の利金は、固定クーポンに実績クーポンを加えて算出される。なお、固定クーポンは毎期一定水準支払われ、実績クーポンはモルガン・スタンレーが提供するマルチアセット戦略を用いた円建の指数「MS DIRSインデックス2018-12」のパフォーマンスに基づいて支払われる。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 オルタナティブ・マルチストラテジー型
当初設定日 2018-12-17
信託報酬 0.35%
販売会社名 楽天証券;SBI証券;鳥取銀行;福島銀行
投資信託名称 SBI地方創生・世界高配当株式ファンド(為替ヘッジあり)<資産成長コース>
運用会社 SBI地方創生アセットマネジメント
運用方針

投資対象ファンドを通じて、主として世界の高配当株式に投資するファンド・オブ・ファンズ。複利効果による資産の成長を重視し、分配を極力抑制する。「SBI地方創生・世界高配当株式ファンド(為替ヘッジあり)」を構成する各ファンド間でスイッチングが可能な場合がある。原則、為替ヘッジあり。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型(円ヘッジ)
当初設定日 2018-12-17
信託報酬 0.93%
販売会社名 クレディ・スイス証券;東和銀行
投資信託名称 SBI地方創生・世界高配当株式ファンド(為替ヘッジあり)<年3%定率払出しコース>
運用会社 SBI地方創生アセットマネジメント
運用方針

投資対象ファンドを通じて、主として世界の高配当株式に投資するファンド・オブ・ファンズ。決算日における決算前基準価額水準の概ね年3%程度を払出すことを目標とする。「SBI地方創生・世界高配当株式ファンド(為替ヘッジあり)」を構成する各ファンド間でスイッチングが可能な場合がある。原則、為替ヘッジあり。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型(円ヘッジ)
当初設定日 2018-12-17
信託報酬 0.93%
販売会社名 クレディ・スイス証券;東和銀行

最初のページへ前のページへ [1][2] 次のページへ最後のページへ

このページの先頭へ

新規登録
はじめての方
保有するファンドや気になるファンドを登録して自分だけのポートフォリオをつくってみましょう!
「投信まとなび」では投資信託のランキングを様々な角度からご紹介!