まとなび 特集

TOP > ファンド情報 > 特集 > 特集詳細

リレーコラム 草食投資隊、コツコツ前進中!

第5回相場は続くよどこまでも (レオス・キャピタルワークス 藤野英人)

 私の敬愛しているKさんは元ファンドマネジャーです。女性のファンドマネジャーでもう引退されていますが、業界の中では非常に厳しい人で知られていました。競合他社のファンドマネジャーでしたが、いつも楽しげで当時若造だった私には不思議と優しく接してくれました。
 
 彼女がいつも口癖のように「相場は続くよどこまでも」と何かあるといいます。言うだけでなく歌まで歌っちゃいます。「線路は続くよ、どこまでも」の節回しで歌います。
 
「そおぉおおばは、つづくぅううよぉぉぉーーー、どおぉぉこまーーでぇぇもーー」
 
 いやあ歌は全然うまくないのだけど、でも暖かい歌声でした。割りと静かなレストランでも歌っちゃったりしてね。ちょっと恥ずかしかったけど、でも彼女からたくさん投資家魂を学びました。
 
 彼女は朝、パソコンを起動するときに柏手を打つそうです。
「パンパン」
そして、「相場の神様に愛されますように」
とつぶやきます。外資系のバリバリのファンドマネジャーで海外生活が長い人なんですよ?そこで神頼みとは!?
 
 「K先輩、どうして神頼みなんかするのですか」と聞くと、「相場はわかんないからねえ、どうなるか」って答えます。若い私は聞き返すわけです。それを考えるのが私達の仕事ではないですかと。するとK先輩はケラケラ笑いながら、「あなた若いわねーー。でもいいわ。いつかわかるわ」と言って、楽しそうにお酒を飲んでいました。
 
 今ではわかります。そういう相場に対する恐れや畏怖の念こそが、投資家として持っておくべき資質であり、そのような人こそむしろ相場とよりよく対峙できるのだと。長期投資とはいえ相場は毎日毎日の積み重ねです。本当に山あり谷ありです。「野を超え谷越え山を超え」ていきます。
 
 草食投資隊のメンバーで伝えている長期投資ってまさに「相場は続くよどこまでも」なんですね。相場はあしたも続くから今日よかったとしても、油断をしない、そして今日悪かったりしてもがっかりしない。とにかく毎日毎日の積み重ねです。私はK先輩にならってよく心のなかで歌っています。
 
 実はこの歌、世界最高のお金持ちであり、最高の投資家といわれているウォーレン・バフェットの十八番(おはこ)なんです。これを聞くとお金持ちになるかも(笑)。
中国語のサイトに飛びますが、これは2012年の春節に中国の国営テレビで放映されたものです。
 
 こちら
:( http://wlchunwan.cntv.cn/nettv/wlchunwan/C32258/classpage/video/20120122/100172.shtml )
 

レオス・キャピタルワークス 藤野 英人


         
「運用のプロが教える草食系投資」
渋澤健(著) 中野晴啓(著) 藤野英人(著)
価格: ¥1,620
出版社: 日本経済新聞出版社 (2010/4/24)
単行本(ソフトカバー): 200ページ
 


「30歳からはじめる お金の育て方入門-貯めながら殖やす新しい習慣-」
渋澤健(著) 中野晴啓(著) 藤野英人(著)
価格 : ¥1,512
出版社: 同文館出版 (2013/2/13)
単行本(ソフトカバー): 224ページ



 

リレーコラム 草食投資隊、コツコツ前進中!

「最新のテーマ・タイトル」

新規登録
はじめての方
保有するファンドや気になるファンドを登録して自分だけのポートフォリオをつくってみましょう!
「投信まとなび」では投資信託のランキングを様々な角度からご紹介!