まとなび 特集

TOP > ファンド情報 > 特集 > 特集詳細

リレーコラム 草食投資隊、コツコツ前進中!

第2回健康な食生活ではなく健康な投資活動をオススメしています!(レオス・キャピタルワークス 藤野英人)

 草食投資隊という珍妙な名前でもう3年以上も活動を行なっています。草食投資隊というとヘルシーな食生活をおすすめしている活動に思われるのですが、実際は長期投資のススメなんです。
 
 投資ってどうしても肉食のイメージなんですよね。食うか食われるか。誰かが損をしたら誰かが得をする。短期的には投資にはそのような側面がありますが、長期的な視点に立つと、会社の価値が上がれば株価が上昇するので、もっと共存共栄的なものなのです。
 
 草食投資隊はコモンズ投信の渋澤会長、セゾン投信の中野社長とわたしの3名で活動をしています。そもそもライバル会社の人たちがともに活動をするのも、金融業界ではすごく珍しいのです。それもお互いが共存共栄でいこうと思っている表れです。日本に長期投資の考え方をもっと定着させて、“投資の本質は共存共栄なんだ”という本来のありかたを伝えるための活動です。ただ長期投資というよりも「草食投資」という言葉を作ることで、より多くの人に私たちのメッセージを浸透させたいと思っています。
 
 私が運用をしている「ひふみ投信」もそのような共存共栄の考え方が詰まった商品です。月々1万円から、姉妹ファンドの「ひふみプラス」であれば月々500円から積み立て投資をすることができます。要するに非常に少ない金額で誰でも投資を始めて、資産形成をできるようにしたのです。また「ひふみ投信」は買い付けをするときに手数料はゼロ円で、手数料はいただいていません。株式投信では、ほとんどの場合1~3%は購入時手数料がかかるものですが、それがないのも「ひふみ投信」の魅力です。また信託報酬も年間1%程度とアクティブ運用の投信で最安値圏であり、成績もR&I 社のファンド大賞において、国内株投信の優秀ファンド賞を2年連続受賞をしています。エルメスの価値をユニクロの価格でお届けするファンドというとちょっと言い過ぎかもしれませんが、気持ちはそのようなところにあります。
 
 私たちはこのようなファンドの活動を通じて「投資の民主化」をしたいんです。草食投資隊の理念もそこにあります。要するに、お金持ちや機関投資家などのプロでなくても、少ない金額でプロや富裕層でしか受けられなかったサービスを提供したいということです。
 
 私たちの力不足で草食投資隊のよさをなかなか十分に伝えきれていないし、まだまだ認知度は少ないです。しかしながら、全国で60か所以上、北海道から沖縄まで活動を続けているうちに、だんだんと知名度もあがり、応援してくれる人も増えてきました。
 
 これからこのコラムの場所をお借りして、投資の楽しさやすばらしさを伝えていこうと思っています。株式投資って知的でお洒落な社会貢献の形であるということが、なんとなくわかっていただけたらいいと心から思っています。
 
 これからもよろしくお願いいたします。
 


レオス・キャピタルワークス 藤野 英人

         
「運用のプロが教える草食系投資」
渋澤健(著) 中野晴啓(著) 藤野英人(著)
価格: ¥1,620
出版社: 日本経済新聞出版社 (2010/4/24)
単行本(ソフトカバー): 200ページ
 


「30歳からはじめる お金の育て方入門-貯めながら殖やす新しい習慣-」
渋澤健(著) 中野晴啓(著) 藤野英人(著)
価格 : ¥1,512
出版社: 同文館出版 (2013/2/13)
単行本(ソフトカバー): 224ページ




  • 本文内のリンクは各運用会社が運用する代表的な投資信託の「投信まとなび」のデータ頁です。

 

リレーコラム 草食投資隊、コツコツ前進中!

「最新のテーマ・タイトル」

新規登録
はじめての方
保有するファンドや気になるファンドを登録して自分だけのポートフォリオをつくってみましょう!
「投信まとなび」では投資信託のランキングを様々な角度からご紹介!