まとなび 特集

TOP > ファンド情報 > 特集 > 特集詳細

今月の一枚

第1回1969年末年に100円を投資したらどうなっていたか? 

20090814____a
大きく見る

このグラフは国内株式、外国株式、国内債券、外国債券、定期預金の5つの資産クラスについて、それぞれ1969年末に100円投資したとすると2008年末にいくらになっていたかを、各資産クラス指数データを用いて表したものです。ここから、3つのポイントを読み取ってみましょう。
 


第1のポイントは、資産クラスによって値動きが異なることです。

株式は他の資産クラスに比べて上下に激しく動いていて、価格の変動が大きいことがわかりますね(価格変動リスクが大きいと言います)。
債券は国内債券と外国債券で値動きが大きく異なっています。外国債券は為替変動の影響を受けているからです(為替リスクがあると言います)。
 


第2のポイントは、長期間運用を続けていると、全ての資産クラスで資産額が増加していたことです。

定期預金でも約4倍に、株式は2007年に一時約20倍まで資産額が増えましたが、2008年の大幅な値下がりがあったため、2008年末には約8倍の金額になりました。結果的に、この期間では国内債券の投資成果が最もよくなりました。



第3のポイントは、投資期間が長ければ長いほどこの再投資の効果が大きくなることです。

このグラフでは株式の配当金や債券の利息といったインカム・リターンは再投資されたことを前提にしています。再投資されたお金がまた収益を生み出しており、投資期間が長くなるほど、再投資の効果が大きくなります。資産価値は時価で変動しますが、第2のポイントのように、長期では増えていくと考えれば、インカム・リターンの再投資は資産作りの効率をよくする方法です。


 

今月の一枚

「最新のテーマ・タイトル」

新規登録
はじめての方
保有するファンドや気になるファンドを登録して自分だけのポートフォリオをつくってみましょう!
「投信まとなび」では投資信託のランキングを様々な角度からご紹介!