新設ファンド情報

TOP > ファンド情報 > 新設ファンド情報
投資信託名称 バリューハント日本株
運用会社 野村アセットマネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として日本の株式に投資し、「TOPIX(東証株価指数)」を上回る投資成果を目指す。長期的視野に立った「プライス/バリュー投資」を行ない、将来の企業収益予想等に基づいて測定される投資価値(=バリュー)からみて、市場価格(=プライス)が他の銘柄に比べて相対的に割安と判断される銘柄を選定し、業種分散等も考慮のうえ、ポートフォリオを構築することを基本とする。

イボットソンファンド分類 国内株式・大型割安型
当初設定日 2019-11-25
信託報酬 1.25%
販売会社名 野村信託銀行
投資信託名称 One高配当利回り厳選ジャパン
運用会社 アセットマネジメントOne
運用方針

マザーファンドを通じて、主として日本の株式に投資する。銘柄選定に当たっては、「配当利回り」と「長期にわたる配当の持続性・成長性」に着目し、20~40銘柄程度を選定する。

イボットソンファンド分類 国内株式・大型ブレンド型
当初設定日 2019-11-13
信託報酬 1.00%
販売会社名 みずほ銀行
投資信託名称 フューチャートレンド世界株
運用会社 野村アセットマネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として世界各国の株式に投資する。銘柄選定にあたっては、「新たな価値の創造」、「新興国へのトレンドの広まり」、「社会構造の変化」の観点から成長テーマの選定を行ない、グローバルな視点で投資魅力のある関連銘柄を選択する。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型
当初設定日 2019-11-25
信託報酬 1.35%
販売会社名 野村信託銀行
投資信託名称 SBI米国小型成長株ファンド
運用会社 SBIアセットマネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として米国の金融商品取引所に上場している小型株式に投資する。ポートフォリオ構築にあたっては、流動性と時価総額によるスクリーニングを行ない、利益、売上の成長率及び株価のモメンタム等に着目し、原則として80~120銘柄程度に分散投資する。ハイ・ウォーターマーク方式による実績報酬あり。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・北米型
当初設定日 2019-11-29
信託報酬 1.42%
販売会社名 楽天証券;SBI証券
投資信託名称 米国小型株サステナブルグロース・ファンド
運用会社 大和証券投資信託委託
運用方針

マザーファンドを通じて、主として米国の小型株式に投資する。銘柄選定に当たっては、定量的スクリーニングや業界分析、ファンダメンタルズ分析を通じて、競争優位性があり、高い利益率を長期にわたり維持できる企業を選定する。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・北米型
当初設定日 2019-12-02
信託報酬 1.78%
販売会社名 東海東京証券
投資信託名称 米国IPOニューステージ・ファンド<為替ヘッジなし>(年2回決算型)
運用会社 三菱UFJ国際投信
運用方針

マザーファンドを通じて、主として株式公開(IPO)から概ね5年以内の中型以上(株式時価総額が30億米ドル以上)の米国株式に投資する。株式への投資にあたっては、新技術やビジネスモデル等に着目し、企業収益の成長性が見込まれる銘柄を選定する。「米国IPOニューステージ・ファンド」を構成するファンド間でスイッチングが可能。年2回決算。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・北米型
当初設定日 2019-11-15
信託報酬 1.63%
販売会社名 エース証券
投資信託名称 米国IPOニューステージ・ファンド<為替ヘッジなし>(資産成長型)
運用会社 三菱UFJ国際投信
運用方針

マザーファンドを通じて、主として株式公開(IPO)から概ね5年以内の中型以上(株式時価総額が30億米ドル以上)の米国株式に投資する。株式への投資にあたっては、新技術やビジネスモデル等に着目し、企業収益の成長性が見込まれる銘柄を選定する。「米国IPOニューステージ・ファンド」を構成するファンド間でスイッチングが可能。年1回決算。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・北米型
当初設定日 2019-11-15
信託報酬 1.63%
販売会社名 エース証券
投資信託名称 東洋・中国A株ファンド「創新」2019-11
運用会社 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
運用方針

投資対象ファンドを通じて、主として上海および深セン証券取引所に上場されている人民元建て株式(中国A株)に投資するファンド・オブ・ファンズ。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・中国圏型
当初設定日 2019-11-29
信託報酬 1.08%
販売会社名 東洋証券
投資信託名称 ジャパン・アクティブ・ボンド・オープン
運用会社 大和証券投資信託委託
運用方針

マザーファンドを通じて、主として日本の債券に投資する。組入れる債券の格付けは、取得時においてBBB格相当以上とする。

イボットソンファンド分類 国内債券・中長期型
当初設定日 2019-11-18
信託報酬 0.54%
販売会社名 三井住友信託銀行
投資信託名称 ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2019-11
運用会社 アセットマネジメントOne
運用方針

主として、ゴールドマン・サックスが発行する円建債券(ゴールドマン・サックス社債)に投資し、満期償還時のファンドの償還価額について元本確保を目指す。委託会社が独自に開発した計量モデルに基づく国際分散投資戦略の収益により決定されるゴールドマン・サックス社債の利金(固定クーポンに実績連動クーポンを加えて算出)を獲得することを目指す。信託報酬のほか、ゴールドマン・サックス社債の実績連動クーポンに対して成功報酬が徴収される。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 オルタナティブ・マルチストラテジー型
当初設定日 2019-11-29
信託報酬 0.28%
販売会社名 千葉銀行;第四北越証券;中銀証券;りそな銀行;埼玉りそな銀行;百十四銀行;第一生命保険;長野證券;朝日信用金庫;ごうぎん証券;とうほう証券

最初のページへ前のページへ [1][2][3] 次のページへ最後のページへ

このページの先頭へ

はじめての方
保有するファンドや気になるファンドを登録して自分だけのポートフォリオをつくってみましょう!
「投信まとなび」では投資信託のランキングを様々な角度からご紹介!