新設ファンド情報

TOP > ファンド情報 > 新設ファンド情報
投資信託名称 にいがた未来応援日本株ファンド
運用会社 明治安田アセットマネジメント
運用方針

直接投資およびマザーファンドを通じて、主としてわが国の金融商品取引所に上場されている株式に投資する。直接投資では、新潟県に本社がある企業や新潟県の経済に貢献している企業に投資を行ない、マザーファンドでは、ビジネスモデル分析やESG分析など企業のサステナビリティの観点から銘柄候補銘柄を選定する。信託報酬の一部を新潟県の未来づくりを支援するために寄付を行なう。

イボットソンファンド分類 国内株式・大型ブレンド型
当初設定日 2019-07-19
信託報酬 1.54%
販売会社名 第四証券
投資信託名称 東京海上・ジャパン・マイスター株式オープン
運用会社 東京海上アセットマネジメント
運用方針

マザーファンドを通じて、主として国内の上場株式のうち、世界に先駆ける技術を生み出すと判断する企業の株式に投資する。銘柄選定にあたっては、世界市場において高いシェアを占める製品をもち、当該製品の売上高が企業全体の売上高に対して高い割合を占める企業を選別する。選別した銘柄の中から、先行力・開発力・組織力に着目し、企業調査や定性評価、高シェア製品の市場成長力をもとに企業を厳選する。当ファンドにおいて厳選された企業を「マイスター企業」という。

イボットソンファンド分類 国内株式・大型ブレンド型
当初設定日 2019-05-24
信託報酬 1.43%
販売会社名 三菱UFJ信託銀行
投資信託名称 eMAXIS Neo フィンテック
運用会社 三菱UFJ国際投信
運用方針

マザーファンドを通じて、主として米国の金融商品取引所に上場している、日本を含む世界各国のフィンテック関連企業の株式等に投資する。「S&P Kensho Democratized Banking Index(配当込み、円換算ベース)」に連動する投資成果を目指す。当インデックスは、フィンテック関連企業(金融サービス業におけるイノベーションに関連する製品やサービスを提供する企業)の銘柄を選定する。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型
当初設定日 2019-05-28
信託報酬 0.72%
販売会社名 SBI証券
投資信託名称 eMAXIS Neo 自動運転
運用会社 三菱UFJ国際投信
運用方針

マザーファンドを通じて、主として米国の金融商品取引所に上場している、日本を含む世界各国の自動運転関連企業の株式等に投資する。「S&P Kensho Autonomous Vehicles Index(配当込み、円換算ベース)」に連動する投資成果を目指す。当インデックスは、自動運転関連企業の銘柄を選定する。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型
当初設定日 2019-05-28
信託報酬 0.72%
販売会社名 SBI証券
投資信託名称 eMAXIS Neo ウェアラブル
運用会社 三菱UFJ国際投信
運用方針

マザーファンドを通じて、主として米国の金融商品取引所に上場している、日本を含む世界各国のウェアラブル関連企業の株式等に投資する。「S&P Kensho Wearable Index(配当込み、円換算ベース)」に連動する投資成果を目指す。当インデックスは、ウェアラブル関連企業の銘柄を選定する。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型
当初設定日 2019-05-28
信託報酬 0.72%
販売会社名 SBI証券
投資信託名称 iTrust世界公益株式(為替ヘッジなし)
運用会社 ピクテ投信投資顧問
運用方針

マザーファンドを通じて、主として先進国の高配当公益企業(電力・ガス・水道・電話・通信・運輸・廃棄物処理・石油供給等)の株式に投資する。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型
当初設定日 2019-05-31
信託報酬 1.01%
販売会社名 SBI証券
投資信託名称 ティー・ロウ・プライス 世界厳選成長株式ファンド Bコース(資産成長型・為替ヘッジなし)
運用会社 ティー・ロウ・プライス・ジャパン
運用方針

マザーファンドを通じて、主として世界各国の株式(エマージング・マーケットも含む)の中で、成長性が高いと判断される企業の株式を中心に投資を行なう。銘柄選択に関しては、個別企業分析に基づく「ボトム・アップ・アプローチ」を重視した運用を行なう。年2回決算。販売会社によりスイッチングを取扱う場合あり。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型
当初設定日 2019-05-28
信託報酬 1.53%
販売会社名 野村證券
投資信託名称 SMBC・アムンディ クライメート・アクション
運用会社 アムンディ・ジャパン
運用方針

投資対象ファンドを通じて、主として世界の気候変動対応に責任を持って取り組む企業の株式に投資するファンド・オブ・ファンズ。運用においては、CDP(低炭素化社会の実現をめざし気候変動などの取り組みを評価するNGO)が公表している気候変動問題への取り組み度合いの評価と委託会社のESG評価に基づき、株価の上昇余地も考慮した銘柄選択を行なう。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型
当初設定日 2019-06-14
信託報酬 0.98%
販売会社名 三井住友銀行
投資信託名称 ティー・ロウ・プライス 世界厳選成長株式ファンド Dコース(分配重視型・為替ヘッジなし)
運用会社 ティー・ロウ・プライス・ジャパン
運用方針

マザーファンドを通じて、主として世界各国の株式(エマージング・マーケットも含む)の中で、成長性が高いと判断される企業の株式を中心に投資を行なう。銘柄選択に関しては、個別企業分析に基づく「ボトム・アップ・アプローチ」を重視した運用を行なう。年4回決算。販売会社によりスイッチングを取扱う場合あり。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型
当初設定日 2019-05-28
信託報酬 1.53%
販売会社名 野村證券
投資信託名称 Oneグローバル中小型長期成長株ファンド
運用会社 アセットマネジメントOne
運用方針

DC専用ファンド。マザーファンドを通じて、主として日本を含む世界の中小型株式に投資する。外部環境の変化に高い耐性を持ち、自助努力による長期的な成長を続けることが期待できる「ハイクオリティ」企業の銘柄を選定する。原則、為替ヘッジなし。

イボットソンファンド分類 外国株式・世界型
当初設定日 2019-05-30
信託報酬 1.23%
販売会社名 みずほ銀行

最初のページへ前のページへ [1][2][3][4] 次のページへ最後のページへ

このページの先頭へ

新規登録
はじめての方
保有するファンドや気になるファンドを登録して自分だけのポートフォリオをつくってみましょう!
「投信まとなび」では投資信託のランキングを様々な角度からご紹介!