まとなび 特集

TOP > ファンド情報 > 特集 > 特集詳細

今月の一枚

第6回長期積立投資の効果

201004_tsumitate
大きく見る

4月に入って資産運用をはじめてみようと思われた方もいらっしゃると思いますが、初めから大きな金額が用意できない方でも長期間の積立投資であれば資産形成ができます。
 
このグラフは、4資産分散ポートフォリオに1969年12月末から2009年12月末まで毎月1万円ずつ積立投資を行った資産価値の推移を示しています。
 
積立額は累積で480万円でしたが、運用資産は積立額をはるかに上回る1680万円となり、小額でもコツコツ積立投資をしていたら大きな運用収益を得られました。
 
長期の積立投資によって投資のタイミングの分散ができますが、グラフにあるように、投資する資産も分散するして、特定の資産に集中投資することを避けましょう。
 


※このグラフは実際の特定の金融商品を指したものではなく、指数データを用いた仮想の運用収益ですので、投資にかかる費用や税金は考慮しておりません。


 

今月の一枚

「最新のテーマ・タイトル」

はじめての方
保有するファンドや気になるファンドを登録して自分だけのポートフォリオをつくってみましょう!
「投信まとなび」では投資信託のランキングを様々な角度からご紹介!